スラムダンク!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

slamdunk

漫画・スラムダンクのあらすじ

湘北高校に入学した、赤毛の不良・桜木花道は身長の高さと驚異的な身体能力から、バスケ部の主将の妹赤木晴子からバスケ部への入部を誘われる。花道は晴子の可愛らしさに一目惚れし、バスケット初心者でありながら晴子と仲良くなりたいがために入部を決意する。

花道は練習や試合を重ねる事で次第にバスケットの才能を開花!湘北バスケ部の監督、安西先生の元、主将赤木、副主将の木暮、そしてスーパールーキー流川楓らと共に、神奈川県ベスト4の陵南高校と練習試合をする。

その後、PGの宮城リョータ、足の怪我で一度は不良になった3Pシューターの三井を加え夏のインターハイ予選へと挑む!接戦の末、準優勝した湘北高校は、優勝した海南大付属と共にインターハイへと挑む。

1回線の相手は、大阪代表の豊玉高校と対決し勝利する。そして2回戦は前年度までのインターハイ3連覇を遂げる秋田県代表の山王工業と対決するも驚異の粘り強さで辛くも勝利する。しかし桜木は山王の戦いで背中に激痛を抱えたままプレイするも、続く3回戦で愛知の愛和学園に敗退する。3年は引退し、冬の選抜へ向けて練習を重なる。その頃花道は背中のリハビリをしながら再びコートへ立つ日を待つのだった。

→今すぐスラムダンクをチェック

漫画・スラムダンクの感想

諦めたらそこで試合終了という言葉は自分の中で人生の教訓に!?

スラムダンクの素晴らしい点というのは、やっぱり主人公である桜木花道ばかりに焦点が行きすぎていない点ではないかと思います。

他のメンバーたち一人一人も、とても個性が強くて味があります。脇役がそれなりに必要不可欠なのは当たり前なのかもしれませんが、海南や翔陽に綾南といった敵対するチームのメンバーたちの、キャラクター一人一人も、しっかりと確立されているので、読んでいて全く飽きるどころか引き込まれてしまいました。

スポーツ系の漫画というのは、試合のシーンなどが多くて、ついついページを早くめくりたくなりがちですが、スラムダンクに関しては、バスケットの面白さが細かく描かれていて、なお且つ試合の中でも数々の名ゼリフや名シーンが満載で、じっくりと読み返したくなる程です。

多くの漫画だと、日本一になって終わる形のハッピーエンド系が多いですが、湘北が日本一にはならない終わり方が、このチームらしくて何だか井上先生らしい描き方のような気がして好きです。

バスケットを通して成長していく姿が、とても心地良い流れなのが見ていて安心出来ました。諦めたらそこで試合終了という安西先生の言葉は、バスケットのみならず人生の教訓にさせて貰っています。

火ノ丸相撲!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

スラムダンクは「安西先生、バスケがしたいです」が生まれた名作!

スラムダンクは学生の頃から何度も読んでます。スラムダンクは、バスケットが人気になったキッカケを作った青春漫画作品です。全くバスケットに興味がなかった人でも、これを観てバスケットを好きになって、やりたくなった人も多いと思います。

内容は主人公の桜木花道が、一目惚れ女性の赤木晴子に、バスケ部に入ることを勧められるところから始まります。バスケに出会い、どんどんバスケットに魅了されていき、勝ちたいと思うようになり努力して、技術的にも人間的にも成長していくところが見どころです。

主人公の桜木花道も初心者なので、漫画を読みながらバスケットのルールも覚えられます。キャラクターも一人ひとり、それぞれストーリがあって、それぞれが個性的であり魅力的です。

「安西先生、バスケがしたいです」という有名なセリフが生まれたのもこの作品です。今でも、1巻から読み返すこともあり何回読んでも面白い作品です。最終回はもっと観たいと思わせるところで終わっています。

なので、続編作って欲しいと今でも思っています。男性女性を問わす、大人から子供まで、どの世代の人が読んでも面白い作品です。最高のバスケット漫画だと思います。絶対にお薦めです。

ワールドトリガー!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想

スポーツ漫画が好きじゃない私もスラムダンクは大好き!

スラムダンクの漫画を読んだ私の感想はあまりスポーツ漫画が好きでない私でも結構面白い漫画だと思いました。それはどういう点でそう感じたのかというと、この漫画は真面目なシーンとギャグのシーンのメリハリがしっかりしている点でそう思いました。

特に主人公の桜木花道がスポーツ漫画でありがちな万能感がなく、しかもバスケを始めた理由が好きな女子に好かれたいという不純な動機で始めたという点で、もとてもスポーツ漫画の主人公とは思えないですが、それも男目線から見ると嫌味がなくてすんなり受け入れられました。

そんなあまりかっこよくない主人公ではないですが、決してバスケの才能がないとか真剣にバスケをやらないという事はなく、しっかりバスケも努力しているのでつい主人公を応援したくなる漫画でした。

また流川やゴリとの掛け合いも見ていて面白いので、ただのスポーツ漫画ではないと当時思って楽しく読んでいました。それだけギャグとバスケをやっているシーンとの差が激しいですが、その画力の差がまたこの漫画の良さであると思います。

ただ、ギャグシーンと試合のシーンでここまで絵柄が変わってしまう漫画も珍しいので読んでいて本当に同じ漫画なのかと思ってしまう時もありました。でも、それもこの漫画の良さだと思います。

ハイキュー!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

今すぐ無料で漫画を読む人はコチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です