ものの歩!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

mononoho

漫画・ものの歩のあらすじ

将棋初心者の信歩は、ある手違いで「かやね荘」というシェアハウスに入居する。シェアハウスには、泰金、銀河、みなと、香月という4人の入居所がいた。

4人は奨励会員であり、人と関わることが不器用な信歩は、将棋をやってみるとその面白さに魅了され、無謀にも「プロを目指す」ことを宣言する。この事を聞いたシェアハウスの住人は驚きを隠せないでいた。

→今すぐものの歩をチェック

漫画・ものの歩の感想

ものの歩は将棋のルールが分からなくても楽しめる作品!

ものの歩、という将棋漫画は、週刊少年ジャンプで連載中も漫画です。

視野が狭くて、コミュニケーションもヘタな主人公が、高校に入るとき、間違ってプロの養成機関である奨励会に属する人間しか入れないアパートに入ってしまうのですが、その視野の狭さを集中力に変換して、プロを目指して本気で勉強しようという話です。

なんとなく読むと、迫力があるシーンもありますし、女の子キャラも可愛いので良いのですが、不器用な主人公に感情移入する部分もあるのですが、よく読むと、どうして将棋に向いていることになるのかわからなかったり、他にも強引な展開が目につきます。

疑問点があっても、なんとなく雰囲気で推し進められてしまって、感動のシーン、っぽくなっていくので一度ストーリーに乗り損ねると、あまり楽しめない可能性があります。

ただし、将棋のルールがわからない人への配慮がきちんとあって、将棋がわからなくても楽しめるようになっています。ですからむしろ、将棋が大好きだったり、ちょっとやっていたというように、へたに将棋を知っているよりも、将棋に関しての知識がなにもないくらいのほうが、逆に素直なきもちで楽しめるのかもしれないので、むしろ将棋を知らない人にお勧めかもしれません。

→ブラッククローバー!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

主人公の不器用さまっすぐさに共感!努力が報われないそんな所も共感出来る

私は何かに打ち込んでいるストーリーが好きなので「ものの歩」はとても楽しく読んでいます。主人公の努力しても報われない不器用さというところを、私の不器用な性格をつい重ねてしまい主人公にとても感情移入しやすかったです。

主人公は天才ではなく過去に努力してきたけど報われない、努力を不器用さがかき消してしまう、親に認められたくても認められる成果が出ていないというところがとても共感できます。素直で真っ直ぐな性格も好感を持てますが、将棋との出会いのシーンはとてもインパクトがありました。

天才が挫折するのではなく、努力を積み重ねてきた過去が開花する瞬間でした。将棋と出会ってからの主人公は、プロ棋士を目指す同居人達や友だちも出来てライバルも出来て、まだまだ棋士としては初心者ですが、真っ直ぐに棋士を目指す様子がかかれていて、応援をしたくなります。

将棋と出会ってからの数ヶ月で大会に出て、そのシーンの度にどきどきしながら応援をしています。これからの主人公の成長と既に、プロ棋士を目指しているアパートの住人や、ライバル達との関わりも面白くなりそうで、目が離せない漫画です。

回りに将棋の天才達がいても何一つぶれることなく、プロ棋士を目指す主人公にこれからも頑張っていって欲しいです。

→僕のヒーローアカデミア!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

十歩が気になる!将棋が分からなくても楽しめる漫画!

私は将棋は全くできません。しかしこの「ものの歩」を読み始めてから”将棋って面白いっ!”と思うようになりました。

主人公の信歩が将棋初心者で、一歩一歩将棋の奥深い世界を知っていきながら少しずつ強くなって行くところが良いです。信歩が新しい将棋の知識を得ると自分も一緒になって将棋がどんなルールがあるかとか知り、奨励会に入ることも難しいのに将棋のプロになるには期限が設けられていたことも知らなくてびっくりしたり、楽しんで読んでいます。

信歩があえて難しい道(方法)を選んでも、少年漫画にありがちな劇的勝利を勝ち取るわけではなく、ジリッと勝ちを勝ち取るところも好きです。周りにいる人たちもそれぞれの悩みを抱えながら苦しんで一歩一歩前に進んでいくところが将棋の駒に似て「歩」みたいだなぁと思いました。

今のところ個人的に気になるキャラは十歩です。屈折していた彼が信歩の良いライバルになり、今後も活躍しそうな展開なのでわくわくしています。もしかしたら信歩も十歩も名前に「歩」が付いている辺り、池沢先生の思い入れがあるキャラなのかなとか思っり…。「歩」である信歩たちがいつか「金」に代わるのを楽しみに、今後も読み進めていきたいと思います。

→ハイキュー!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

今すぐ無料で漫画を読む人はコチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です