ブラッククローバー!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

black

漫画・ブラッククローバーのあらすじ

世界が魔神によって滅ぼされようとした時、1人の魔導士が現れ魔神を倒し世界を救う。魔導士は伝説となり、いつしか魔法帝と呼ばれるようになった。

時は流れ、クローバー王国は、代々魔法帝とその下に存在する9つの魔導士集団「魔法騎士団」により、世界の平和を保っていた。貧民の孤児少年アスタは、同じ孤児の少年ユノと共に、魔法帝を目指し日々鍛錬を積む。

15歳になり魔導書(グリモワール)が授与される日、ユノを始め周囲の者たちは、魔導書を受け取るがアスタだけは魔導書が授与されなかった。ユノの魔導書を狙う盗賊により、アスタは衝撃の事実を知る。

それはアスタは、生まれながらに魔力を持たない人間だと事だった!その事を知ったアスタは、絶望するもユノの「アスタは俺のライバルだ」という言葉に動かされ、立ち上がる。

すると黒ずんだ魔導書「反魔法の魔導書」が現れ、盗賊を撃破する。そして改めてアスタは、魔法帝を目指す決意をするのだった。それから半年が流れ、魔法帝を目指すためアスタは、最低最悪の魔法騎士団「黒の暴牛」に、ユノは最強の魔法騎士団「金色の夜明け」に入団するのだった。

→今すぐブラッククローバーをチェック

漫画・ブラッククローバーの感想

ブラッククローバーはファンタジックな世界観が魅力的!

魔力を持たない少年が魔法帝という魔法の王様をライバルと一緒に戦いながらストーリーが進んで行くのですが、冒険漫画としては王道ストーリーになるのではないでしょうか。登場人物は全体的にファンタジー要素の大きなキャラクターが沢山存在します。

世界観もすごくファンタジックな世界観になっていて、ファンタジー要素が大好きな人には、楽しく読むことが出来るように感じます。

ストーリーは全体的にグダグダせず、テンポよく進んでいるように感じ、飽きが来ることなく続きを楽しくことが出来ます。イラストデザインは、個性的で好き嫌いが別れそうなイラストデザインに感じますが、個人的はイラスト異常にストーリーに集中して読んでいました。

派手で爽快なアクションがあったりと、イラストを重視している人にとっては特に興奮するのではないかと思います。主人公が何かをぶった切る場面はすごくかっこよく感じます。

読むのに時間はかかりません。さくさくと読めて分かりやすく描かれているところもすごく魅力的です。時間をかけずさくっと読みたい漫画を探しているならこの漫画はすごくオススメです。さくっと読んで、じっくりとイラストを堪能する楽しみ方もできる作品です。

→僕のヒーローアカデミア!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

魔力を持たない少年アスタの直向きさと明るさに魅了される漫画

魔力が全くない少年アスタが、ともに孤児として育ったライバルのユノと共に、魔法帝になることを目指す物語「ブラッククローバー」。現在単行本4巻までしか出ていませんが、すっかりその魅力にはまっています。

この漫画の一番の魅力は何といってもアスタのどんな境遇にも、どんな逆境にも負けないど根性にあると思います。下民と周りから蔑まれても決して明るさを失わずどこまでも前向き。その姿が読んでいる側にも、勇気というものを思い起こさせてくれるのです。

どんなピンチにあっても絶対に諦めない強い心。漫画を読んでいると、こちら側もなんだか一緒に強くなれそうな気がしてきます。

物語がまだ序章といった感じなので多くの謎が明らかになっておらず、アスタが手にした五つ葉の魔導書、アスタにピッタリとくっついて離れないアンチドリのネロの存在などなど、気になるところが満載で早く続きを読みたくなってしまいます。

最初は魔力がないことをバカにしていた周りがアスタの力を認め、一人また一人と仲間が増えて、仲間で敵と戦っていくところは読んでいてワクワクします。優等生で魔力も強いライバルのユノとの対比が、また余計にアスタの魅力を際立たせているのかもしれません。

物語はまだまだ続きそうですし、知りたい謎は山ほどあります。一人の少年の成長の物語としても読みごたえのある漫画だと思います。

→ハイキュー!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

ジャンプらしく魔法でバトルする漫画!主人公アスタが魔力を持たないのが面白い!

魔法を扱うマンガはいろいろありますが、週刊少年ジャンプに連載中のブラッククローバーという漫画も魔法を扱ったものです。ジャンプらしくというか、魔法で戦うバトル漫画なのですが、ちょっと変わっているのは、主人公が全く魔力がないという設定です。しかも唯一使える魔法は、他のキャラの魔法を切り裂いたり跳ね返したりする、反魔法という特殊性です。

というのはおもしろいのですが、問題もあって、それは、嫌なキャラが魔力に乏しい主人公を心底バカにする、主人公はそのキャラを倒す、というパターンがあまりにも使われすぎているという点です。ちょっと飽きるくらいそのパターンばかりだということです。

しかも嫌なキャラを必ず見なければならないので、主人公が見返す、というシーンでやったー!と思えない人にとっては、ストレスを感じる展開が続く漫画です。ああ、また主人公がバカにされてる、こいつが主人公にやられるんだろうなあ、と思うばかりになるのです。

ただし、最近はそればかりではなく、敵と主人公と、それ以外にもある程度まともなキャラが出てきて、展開も単調でなくなってきました。また反魔法という主人公の特殊性を理解して研究しようと言う敵キャラもいて、これからおもしろくなっていきそうな漫画です。

今すぐ無料で漫画を読む人はコチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です