HUNTER×HUNTER!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

hunter

漫画・HUNTER×HUNTERのあらすじ

主人公の少年ゴン=フリークが、まだ見ぬ父親のジンと出会うため、父親の職業であるハンターとなり、仲間たちと共に成長していく物語!

ハンター試験編

くじら島に住むゴンは、幼い頃森で巨獣に襲われた所をハンターのカイトに助けらえる。この時、既に死んだと思われたジンは実は生きており、優秀なハンターとして世界を駆け巡っている事を知る。

ハンターに憧れるようになったゴンは、里親のミトに相談し、ミトの出した試験をクリアして、ハンター試験を受けに向かう。道中ハンター志望のクラピア、レオリオそしてキルアと仲良くなり信頼を気づくようになっていく。

ククルーマウンテン編

暗殺を家業とするゾルディック家の一員として育てられたキルアは、試験中にゴンと友達になりたいと願っていた。しかしゾルディック家の長男、イルミにその願いを阻止されてしまう。

自ら合格を辞退し、ククルーマウンテンのゾルディック邸へと戻ったキルアを、ゴン、クラピア、レオリオは連れ戻すために、ゾルディック家へと向かう。

天空闘技場編

ヨークシンシティでの再会を約束し、一旦クラピカとレオリオと別れたゴンとキルアは、修行と小遣い稼ぎを目的とし、天空闘技場へと足を運ぶ。

そこで少年ズシとその師匠、ウイングと出会う。二人はウイングから念の能力を教えを授かる!

ヨークシン(幻影旅団)編

G.Iがオークションに出品される事を聞き、ゴンとキルアはヨークシンへと向かう!レオリオと再会した二人は、破格の値段での落札が予想されるG.Iを落札するため、賞金稼ぎを試みる。

その頃クラピカは、オークションに盗賊集団「幻影旅団」が現れる事を突き止め、幻影旅団に復讐するために、ノストラードファミリーの用心棒となっていた。

グリードアイランド(G.I)編

クラピカによって、無事に解放されたゴンとキルア、旅団にかけられた懸賞金も入手できなかったため、G.Iの落札は不可能になってしまう。そこでG.Iを落札した人物に、自分たちを雇ってもらうという作戦に切り替える。

G.Iを落札した大富豪のバッテラが開催する、プレイヤー選考会に参加する事に・・・

キメラ=アント編

見事にG.Iをクリアしたゴンとキルアは、ビスケと別れ、クリアで得たゲーム内の呪文カードでジンに会おうとする。しかしその事を予想していたジンは、弟子のカイトのもとへと飛ばすように設定をしていた。

二人はカイトに出会い、仕事の協力で「キメラ=アント」討伐に向かうことになる。

会長選挙・アルカ編

キメラ=アントの戦いにより会長のネテロは戦死、ピトーとの戦いで限界を超えたゴンもまた瀕死の状態を追っていた。ネテロは自分が死んだ後の会長は、次期会長を「選挙」で決めるようにと遺言を残していた。

暗黒大陸編

会長選挙が意外な結果で終了し、ナニカのおかげでゴンは、無事に復活した。そして「赤毛の少女」として再誕したカイトに謝罪し、世界樹のてっぺんでまつジンと話をするためみんなと別れる。

念願だったジンと会うことができたゴンは、ハンターになった経緯などを聞かされる。

一方カキン帝国のホイコーロ国王が、不可侵条約で禁止されている「暗黒大陸」への進出を発表する。探検隊の責任者は、ネテロの息子を名乗るビヨンド=ネテロだった!

→今すぐHUNTER×HUNTERをチェック

漫画・HUNTER×HUNTERを読んだ人の感想

幻影旅団編から残酷な描写も増えて来て先が気になってハラハラしていた!

HUNTER×HUNTERというと作者が描かない事で有名な漫画ですが、それでも未だに打ち切りになっていないのには理由があります。それは一体何かというと確実にこの漫画は面白いからです。

確かに連載が始まったばかりの頃は、主人公の少年の冒険活劇のような感じでストーリーが進みますが、それは序盤のハンター試験編までで、それ以降のエピソードになっていくと、徐々に主人公の冒険漫画というテイストは無くなって、明らかに暗い感じの話が出てくるようになってきます。

その感じが最初に出てきたのが幻影旅団編です。この幻影旅団という集団は、ハンター試験編でクルタ族を滅ぼした極悪集団で、主人公のゴンの仲間のクラピカの仇として名前だけ出てくるのですが、その幻影旅団がクローズアップされたエピソードで登場しますが、ここら辺から明らかに少年漫画というよりも、青年漫画を読んでいるかのような残酷描写が増えてきます。

でもそれ以上にこれがクラピカの宿敵の幻影旅団かと、ワクワクしながら読んでいました。その後のエピソードも面白いのですが、中でも最高に私がハマったのがキメラアント編でした。

それはどうしてかというと、このエピソードになって、初めて人間以外の強敵が出現するのですが、その圧倒的な絶望感を植え付けてくれた事を今でも憶えています。またこの時になって、残酷な描写もさらに増えていってどうなってしまうのか、ハラハラして読んでましたが、そんな心配は無用とばかりに最後は感動的になっていたので、本当に好きなエピソードです。

→BLEACH!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

幻影旅団とグリードアイランド編が一番好き!キメラアント編ではストーリーの展開に度肝を抜かれた!

最初に見たのはテレビアニメがきっかした。ですが、あまりにも内容が面白くて、見る度に作品の素晴らしさに引き込まれて行きました。それからは、漫画本の方も読み漁る事になりました。

やはり私は、幻影旅団とグリードアイランド編が一番好きです。特にグリードアイランドに関しては、カードを集める感じが面白いです。漫画の中のゲームといった感覚が、何とも言えない面白さだと思います。

また、ハンターになって行く上で欠かせないジンの存在も、少しずつ垣間見れるのが良いと思います。ストーリーは、ハンター試験から始まりますが、大抵はそこをクリアしてしまえば、その後のストーリーは陳腐になりがちです。

しかし、この漫画に関しては、次々と魅力的な敵が出現し、読み進める毎に続き手が気になって仕方のない作品だと思います。キメラアント編に関して言えば、最初に読んだときに度肝を抜かれました。

何だか最初は本当に気味が悪いとさえ思ったからです。しかし、このキメラアントたちの行く末も、とても鮮明に事細かく描かれています。こんな風にストーリーを考えられる冨樫先生には、感心してしまうばかりです。

王が死んでしまう時、何だかとても悲しい描写で、読む度に自分もかなり切なくなってしまいます。

→デスノート!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

グリードアイランド編に登場したゲンスルーが良い味を出していた!

HUNTER×HUNTERは、主人公ゴンが一流のハンターを目指す冒険漫画です。島で子供は一人だけという環境で暮らしてきたゴンは、自分の父ジンを探すため、ジンと同じハンターという職業になろうと決意します。

HUNTER×HUNTERは現在既刊32巻まで出ていますが、私が一番好きなのはグリードアイランド編です。これは実際に入れるネットゲームでの世界を描いた話なのですが、この世界観がすごく妄想の余地が合って好きです。

その世界には100枚のカードがあり、そのすべてが漫画の中でリスト化されているので、それを眺めているだけで「それ便利すぎるだろ!」とか「なにそれw」といった感じで楽しめます。その卵を暖めるだけでその職業になれる「超一流スポーツ選手の卵」や、それを渡してプロポーズすれば100%成功する「レインボーダイヤ」など面白いカードが多すぎます。

そしてもう一つグリードアイランド編で好きなのが、魅力的な敵キャラ・ゲンスルーです。最初はカードを集めるだけのひ弱なキャラクターかと思いきや、実は戦闘能力もものすごいという豹変系キャラクターで、だけれども仲間との友情は大切にするというキャラクターがいいです。能力も仲間3人集まらないと発動できないなど、悪役なのに仲間を大切にしているところが、ジャンプ漫画には珍しく新鮮でした。

→珍遊記!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

今すぐ無料で漫画を読む人はコチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です