頭文字D!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

initiald

漫画・頭文字Dのあらすじ

藤原拓海は、どこにでもいる普通の高校生。父親が経営する「藤原とうふ店」の配送を手伝い、秋名山の峠をAE86(ハチロク)スプリンタートレノで攻めるうちに、非凡なドライビングテクニックを身につけていく。

そんなある日、赤城山を本拠地とした走り屋チーム「赤城レッドサンズ」のNO2の高橋啓介に勝利した事により、秋名のハチロクの噂が一気に広まる。拓海は流されるままにレースをするも、手練の走り屋の挑戦を受け、自分の才能と夢と向かい始める。

→今すぐ頭文字Dをチェック!

漫画・頭文字Dを読んだ人の感想

86トレノで最新のモンスターマシンを倒すのが最高に面白い!

漫画のタイトルは頭文字Dです!映画化は実写版でもアニメでも両方上映されました。まず、この漫画ですが冴えない主人公の男の子が、実は古いスポーツクーペに乗って峠を攻めまくり、走り屋たちの伝説になる物語です。興味を持ったきっかけですが、

私も若い頃乗っていた車が、そのまんま主人公の男の子が乗っている車と同一だったからです。スポーツ漫画にありがちな普段の学校生活や家庭などでまったく目立たない主人公が、よその街からやってくる、名だたる走り屋達を持ち前のドライビングテクニックで、コテンパンにやっつける姿がこの漫画の醍醐味です。

よそからやって来る走り屋達の車は皆、最新の車にのって完全にチューンアップされたモンスターマシンばかりです。そこに反対に主人公が乗る車は旧式の86トレノというお世辞にも速いとは言いがたい、どちらかというと、今ではオンボロ車の部類に入る車です。

そんな車を操る主人公は中学生のときから父親に鍛えられ、とてつもない神業のようなテクニックで闘争心剥き出しの敵をやっつけるだけでなく、味方にし尊敬される存在になる事がスガスガしい気分にもなります。

その主人公が敵対していたグループのリーダーに気に入られプロジェクトに参加し、めきめきと腕をあげる姿が非常に見ているものを虜にさせます。そういった主人公の走り屋としての姿がある反面、恋愛に非常に奥手であるがゆえの、切ない恋物語が裏で繰り広げられています。

恋愛や対人関係にぶきっちょなこの主人公が自分にダブっている部分もあり、逆に自分にはないドライビングテクニックを持ち合わせている所が、この漫画の最大の魅力です。この漫画に出会ったことで、忘れかけていた車の走りの魅力に取り憑かれ、スポーツカーとすれ違うたびに自分が主人公になった気分になってしまうようになりました。

→アイアムアヒーロー!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

頭文字Dは主人公の心境も細かく描かれレースの駆け引きと恋愛に不器用な所が最高!

映画になった原作の漫画で、私が好きな漫画は「頭文字D(イニシャルディー)」です。主に群馬県の公道(主に山道)を、乗用車でレースするというものです。実写版の映画では群馬県のみですが、漫画では物語が進むにつれて埼玉県・栃木県・神奈川県などの関東全域が舞台となります。

私が好きな点は、レースシーンとストーリーです。レースシーンについては、タコメーターやマフラー音など車の細かい描写まで描かれているため、読んでいるうちに自然に車の知識が増えます。当然運転手の心境も細かく描いています。特にパッシング(追い抜き)のシーンは読んでいて興奮します。

ストーリーについては、主人公の成長が実感できます。冒頭の主人公は車に対しての意識はゼロに等しいが、運転はすごい上手いという設定です。ひょんなことからレースに参加するようになり、さまざまな葛藤を経てレースで勝利していき、徐々に責任感や目標を持つようになります。

また、たまに主人公や主人公の知人の恋愛模様が、描かれているのも良いですね。そこだけ見ていると、「これって何漫画だっけ?」と思うこともあります。公道レース漫画ですが、意外と女性キャラが出てきます。各メディアの宣伝だけ見てるとわからないと思いますが、漫画を読んでいくとわかります。

当然ですが、公道でのレースは危険ですので、実車では絶対に漫画の真似をしないでください。

→進撃の巨人!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

今すぐ無料で漫画を読む人はコチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です