ライチ光クラブ!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

hikari

漫画・ライチ光クラブのあらすじ

螢光町の隅に存在する秘密基地「光クラブ」。9人の少年が集まり、ある目的の為に集まり、機械を造っていた。その機械はやがて完成へと向かう。機械の名は「ライチ」。

ライチは少年達から「美しいもの」を集めてこいと命令される。しかしライチは「美しいもの」というのが判断できなかった。しかしある日、特別な設定に操作されたライチは、少年たちが言う「美しいもの」の定義を理解し始める。

そして「美しいもの」を集めてくる。それは1人美少女だった・・・名前はカノン。光クラブのメンバーは次第にカノンの美しさに惹かれていく。そしていつしかカノンを女神を崇め、他にも女の子たちを集め始める。そして次の目標を定めるようになる。

しかし・・・

光クラブのメンバー数名が、カノン以外の女の子達を逃がしてしまう。この事に気付いた残りのメンバーは、制裁を加えようとする。制裁とは逃したメンバーのうち、1人に対し、もう一人を自らの手により処刑すること・・・

そして光クラブのメンバーたちは、次第に疑心暗鬼になって行き、亀裂が生じ始めるのだった。

→今すぐライチ光クラブをチェック

漫画・ライチ光クラブを読んだ人の感想

ライチ光クラブはあまりにも儚い、少年たちの物語

ライチ光クラブを表現するなら「美しい少年たちの夢見た夢とその崩壊」です。暗闇と月明かりの中に浮かぶ廃墟を切り裂く、甲高い笛の音と幾つものライトが物語の幕を開きます。

カリスマを持ちクラブを統治する美しい少年ゼラを王とした主人公たちの秘密基地の崩壊、彼らによって生み出されたロボットと、可憐な少女の交流が作品の軸となります。

彼らの生まれ育った螢光町は工業を中心として成り立っており、メンバーたちの言動や描かれる町全体の雰囲気からも住民たちが、しいてはメンバーたちも経済的に貧しいことが分かります。

大人たちは皆疲れ、希望を持っていないように見えるのです。それは主人公たちにとっての脅威、やがて自分たちもああなってしまうという恐怖でもあります。

物語の冒頭、光クラブの秘密基地に不幸にも足を踏み入れてしまった侵入者たちは、メンバーである主人公たちに見るも残忍な方法で処刑されますがこの時、同級生である少年は命だけは助かっているようですが、大人である女教師は生きたまま解剖されて殺害されています。

この描写からも分かるように彼らは大人を強く否定している、もっといえば憎んでいるのです。しかし同時に自分たちがやがて大人になる、成長するという事も薄々、もしくは内心は分かっています。

だからこそ主人公ゼラはライチを作り出し、世界を手に入れなければならないと思ったのでしょう。自分たちが変わるのではなく、世界を自分たちが生きられるように変えようとしたのです。

彼の抱いた野望と夢、そしてその顛末はあまりにも美しいグランギニョルで幕を閉じます。あまりにも儚い、少年たちの物語です。

→ドクムシ!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

「耽美」「エログロ」「中二病(いい意味で!)」これがライチ光クラブ!

東京グランギニョルによる舞台「ライチ☆光クラブ」のコミカライズ作品です。

当時の舞台のことは写真で断片的にしか知らず、近年木村了さん主演でやられた舞台の方は見たのですが、「漫画」という媒体に変換されていることで、情景や描写がよりリアルに浮かんで来るし、古屋兎丸先生の耽美な絵柄が作品にとてもよく合っています。

思春期の少年達の揺れる心が丁寧に描かれている他、ゼラとジャイボのBL的な描写も何度か登場するので、腐的な方面でもオススメです。

また、前半の完璧なゼラと、後半のクラブ内に裏切り者がいるのではないかと疑い始めて徐々に憔悴していく俗っぽいゼラの対比が面白いです。耽美・シリアスとシュールギャグが8:2くらいで登場する感じも、漫画「ライチ☆光クラブ」の魅力のひとつではないでしょうか。

古屋兎丸先生がオリジナルに考案した「ライチ☆光クラブ」の前日譚を描いた「ぼくらの☆ひかりクラブ」では、巻末におまけで本編のパロディギャグ漫画が入っており、残虐な本編で緊張した気持ちをホッとさせてくれます。

もちろん、「ぼくらの☆光クラブ」本編の方もとってもオススメです。漫画「ライチ☆光クラブ」を読んだら「ぼくらの☆ひかりクラブ」も是非合わせてお読みいただきたいです。

ライチのキーワードと言えば、「耽美」「エログロ」「中二病(いい意味で!)」。ピンと来た方は、是非手に取ってみてください!

→ヒメノアール!漫画を無料で試し読みする方法!あらすじと感想!

今すぐ無料で漫画を読む人はコチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です